牛肉専門お取り寄せ『焼肉の大同門』オンラインショップ

【公式】オンラインショップ「焼肉の大同門」


大同門こだわりの阿波黒牛を

確かな技術の"職人カット"で!

阿波黒牛の旨みを存分に味わえる
厳選部位の焼肉セット


四国のブランド牛「阿波黒牛」の焼肉に適した部位を厳選して切り分けています。恵み豊かな自然環境の大規模牧場で肥育された当社の阿波黒牛は鮮度もよく"産地直送"で、お子様からご年配の方まで、安心して美味しく召し上がっていただけます。

[こだわり1]
自然豊かな四国の牧場より「阿波黒牛」を一頭買い!


厳選された四国のブランド牛「阿波黒牛」を、西日本最大規模牧場より一頭仕入れしています。四国・吉野川のミネラルを含んだ最高の名水を飲み、肥沃な平野から供給の良質の飼料とワラを食べて育てています。牛一頭一頭の個性を見抜き、牛それぞれのコンディションや、成長に合わせて、きめ細かな肥育スタイルで育てられた安全で安心な牛から、ほどよいサシ・赤身の部位に加え、あまり市場に流通していない希少部位などをバランスよく取り揃え、皆様の食卓へお届けします。

[こだわり2]
大同門こだわりの4等級牛肉


大同門では、あえて5等級ではなく黒毛牛の霜降りの旨さと野性味あふれる赤身肉の旨さを兼ね備えた4等級の肉こそが、牛肉の美味しさを最高に味わえるお肉だと考えています。流通量の少ない4等級の牛肉を、牧場との直接契約で仕入れており、安心とおいしさにこだわった最高品質の牛肉をお届けすることが可能になっています。

[こだわり3]
切り方で変わる肉の美味しさ、確かな技術の"職人カット"


肉は切り方で大きく食味が変わります。部位によって最適な切り方を選択しなければおいしい肉料理になりません。 若い頃から肉業界一筋に日々修行、研究を重ねて肉職人といわれる域に到達しました。肉の筋目を見極め迷いなく包丁を入れていく技術で肉を”料理”に昇華させています。 職人技術の粋を尽くした最高品質の牛肉をお楽しみください。


【解凍の"コツ"は低温でじっくりと】
冷凍肉はいきなり常温で解凍するよりも、低い温度でゆっくり解凍すると肉の旨みを含む肉汁をほとんど出さないで解凍することができます、使いたい日の前日に冷凍庫から"冷蔵庫"に移しておくと良いでしょう(6時間〜10時間)。さらに、調理する30分前に冷蔵庫から出してゆっくり常温に近づけておくことが上手なお肉の解凍の"コツ"です。

美味しい"焼肉のコツ"

お肉を焼く時に一番大切なことは、"いかに肉汁を落とさないか"です。お肉は肉汁に美味しさのエッセンスがあるのです。

その為には鉄板を充分に加熱してから、お肉を並べる必要があります。そしてポイントはお肉を"返すタイミング""引き上げるタイミング"です。

何度も引っくり返して焼くと、美味しい肉汁がどんどん落ちてしまうので、お肉を返すのは一度に留め、焼いているお肉の表面から今まさに肉汁が出る寸前に返し、引き上げるタイミングも同様に、肉汁が溢れる寸前が最高のタイミングなのです。

上記はミディアム(中くらいの焼き加減)の場合なのですが、レア(生焼き)や、ウェルダン(よく焼く)の場合でも、肉汁に気を配って焼くと美味しくお召し上がりになれます。

美味しさUP!ひと工夫

焼肉をタレにつけ、レタス・サラダ菜・大葉などの"葉もの"で巻くと、さらに美味しく&へルシーにお召し上がりになれます。お肉を食べたいという欲求を満たしつつ、野菜の栄養を爽やかに補えるので一石二鳥です。

さらに味のアクセントとして、キムチやコチュジャン(唐辛子味噌)、ヤンニム(薬味唐辛子)、おろしニンニクなどを加えるとバリエーションが広がります。






タレに浸した焼肉とごはん、
そして卵の黄身で最強コラボ♪

焼肉に欠かせないのがふっくらと炊きあがったごはん。焼きたてのアツアツ焼肉をたっぷりのタレに浸し、ごはんと一緒に頬張る美味さは最高です。

大同門のタレは本醸造醤油をベースに、りんご、レモン果汁、にんにく、しょうが、胡椒を配合。仕上げに胡麻の香りを加え、さまざまな旨みを凝縮した逸品で、ごはんと焼肉にぴったり。

そして、卵の黄身を加えると美味しさ倍増の最強コラボ、焼肉ごはんの誕生!大同門厳選素材の焼肉ごはんの美味しさをぜひご賞味ください。

  • 240
  • 240
トップに戻る