【焼肉屋が解説】テッチャンってどこ?特徴は?完全解説!

テッチャンを徹底解説!

皆さんはテッチャンを食べたことはありますか?


テッチャンをホルモンだと知っている人は多いと思いますが、どこの部位かしっかりと知っ
ている人は少ないのでは無いでしょうか。


そこで今回は知っているようで知らないテッチャンについて徹底解説します!


 

 

テッチャンは大腸のことを指す

テッチャンとは牛の大腸のことを言います。


韓国語で大腸を意味する「テチャン」からきているとされています。


テッチャンにはほかにも呼び方があり、シマチョウやダイテツとも呼ばれます。


ホルモンと言えばこの部位と言っていいほどメジャーな部位で、もつ鍋に使われるのは主に
このテッチャンです。


しかし牛一頭から1キロほどしか取れない希少部位でもあります。
 

 

テッチャンの特徴

テッチャンは、旨味の強い脂とクニクニとした皮の食感に特徴があります。


噛めば噛むほど脂の甘味があふれ出てくるテッチャンは、脂の旨味を存分に味わえる部位に
なっています。


またテッチャンの下処理は焼肉屋でも難しく、焼肉屋の腕が試される部位ともいわれていま
す。


逆に言えばそれだけ手間がかかっている部位でもあるのです。
 

 

よく似たコテッチャンって?

コテッチャンというテッチャンとよく似た名前を聞いたことはありませんか?


コテッチャンとは食品会社の商品であり、牛の小腸に味付けをしたものです。


こちらも韓国語で小腸を意味する「コテッチャン」からきているとされています。


焼肉屋では販売されていないので、スーパーなどで見かけたらお買い求めください。
 

 

テッチャンのカロリー

そんな脂が多いというイメージのテッチャンですがカロリーは意外にも162キロカロリー
低くなっています。


しかしカロリーは低いですが、脂が多いことに変わりはないので食べすぎには注意しましょ
う。


脂の甘味を味わうのであればもつ鍋、適度に脂を落として香ばしく味わうのなら焼肉がおす
すめです。
 

 

 

いかがでしたでしょうか。


今回はテッチャンについて解説しました。


大同門の店舗でももちろん取り扱っているのでぜひご賞味ください。

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。