はれのひマーク

大同門・赤城和牛こく艶切り落としを使って作る、パーティーピビンバのレシピをご紹介します。

パーティーピビンバレシピ

1.解凍した牛肉を袋から出し、食べやすい大きさにカットします。
再度入っていた袋に戻し、大同門焼肉のたれを約50〜60cc入れ、袋の上からよく揉み込みます。

2.フライパンで炒めます。水分がなくなりタレがお肉にからんだら火を止めます。

3.ホットプレートを中火に設定し、ごま油をひきます。

4.ホットプレートにご飯を敷き詰めます。

5.ご飯の上に、真ん中に痛めたお肉、その両はしに白菜キムチ、その横にナムルを順番にのせていきます。

6.上からゴマを振ります。そのままで少し火を通すと、ご飯におこげができて石焼ビビンバ風に。

7.卵を落として、具とご飯をまんべんなくかき混ぜます。

8.韓国語で「混ぜご飯」という意味のビビンバ。
甘辛いお肉と香りのいい野菜がミックスされ、目に美しく、栄養バランスも抜群、そして何より美味しい!
お好みでコチュジャンをつけてお召し上がりください。

【ナムルをお家で手作りする場合】
・ほうれん草・・・ほうれん草一把は茹でて水気を絞り食べやすい大きさに切る。塩小さじ1、ごま油大さじ1、おろしニンニク小さじ1/2、白ごま適量を合わせてほうれん草を和える。
・もやしナムル・・・もやしをさっと茹で、水気を切り、ほうれん草のナムルと同じ調味料で和える。
・大根とにんじん・・・大根、にんじんは千切りにし、塩をふりかけしばらく置き水気を絞る。塩小さじ1、砂糖小さじ2、酢大さじ2を合わせたものに和える。味を見て、塩、砂糖はお好みの味に調整ください。