【徹底比較】スーパーの焼肉のたれ比較!美味しいたれを買うコツは?


焼肉やふだんの料理に大活躍の焼肉のタレ

多くのメーカーが出していますが、逆に多すぎて何を選べばよいのか分からないという声も聞きます。

そこで今回はお肉のプロ、老舗の焼肉屋がスーパーで売られている焼肉のタレの選び方をご紹介します。

焼肉のタレを選ぶ際にはぜひ参考にしてください。

 

タレのベースで選ぶ、ベース3種類


焼肉のタレには「醤油」「味噌」「塩」の3種類のベースが存在しています。

それぞれに相性の良い食材があるので、どの食材を食べるかで選びましょう。
 

【牛肉に相性抜群】醤油ダレ



醤油ダレは、牛・豚・鶏のどれとも相性が良いですが特に牛肉を食べる際にオススメです。

3種類の中で一番メジャーな醤油ダレ、醤油をベースとして甘味料やニンニク・ショウガ・ネギなどの香味野菜、リンゴやナシなどの果実類が加えられています。

そのためニンニクの風味やフルーツの甘みなど、複雑なうまさを味わうことができます。

この風味が牛肉特有の臭みを消してくれるため、牛肉を食べる際は醤油ベースのタレがおすすめです。
 

【ホルモンに相性抜群】味噌だれ


味噌だれはホルモンなどの内臓系を食べる際にお勧めです。

味噌だれは、醤油に加えて味噌や香辛料、甘味料などが含まれており、濃厚な味を楽しむことができます。

味噌には強い臭みを取る効果があり、これがホルモン系と相性がいい理由です。

お子さんなど、醤油ダレではものたりないという方にもおすすめできるタレになっています。
 

【鶏・野菜に相性抜群】塩だれ


さっぱりとした味が特徴の塩ベースのタレ、生姜やニンニクに加えてレモンが含まれているものもあります。?

素材そのものの味を楽しめるため、鶏肉や野菜との相性が抜群です。

ただ少しモノ足りなさを感じる場合もあるので、お子さんなどは好みがわかれるかもしれません。

好みに合わせて選択するようにしましょう。

 

タレの辛さで選ぶ


焼肉のタレのベースで選んだあとは、焼肉のタレの辛さでも選びましょう。

焼肉のタレには「甘口」「中辛」「辛口」の3種類の辛さがあります。
 

食べやすい「甘口」

はちみつやリンゴが含まれている甘口のタレ

まろやかな口当たりは子供でも食べやすい味になっています。

万人受けしやすい焼肉のタレです。
 

王道の「中辛」


お店で提供される味に一番近いのがこの中辛のタレ

甘みと辛味のバランスが一番取れており、おろしにんにくなどの風味が一番楽しめるタレです。
 

大人向けの「辛口」


原料にコチュジャンや豆板醤が入っている辛口のタレ

ピリッと食欲をそそる辛さを楽しむことができます。

お子さんには辛すぎる場合があるので注意が必要です。
 

大同門のタレは醤油ベースの中辛!


当焼肉店大同門で使用している焼肉のタレは、醤油ベースの中辛、まさに王道のタレと言えます。

それもそのはず、日本で最初に焼肉のタレを考案したのは何を隠そうこの大同門なのです。

本醸造醤油に厳選した二十数種類の材料をバランスよくブレンドし、リンゴ果汁やレモン果汁でさわやかな甘みと酸味を加えた、後味すっきりで風味豊かな焼肉のたれ。

創業以来受け継がれ、研究を重ね進化させ続けてきた秘伝の味です。

お肉のつけダレやもみダレにはもちろん、牛丼や佃煮、野菜炒め、肉じゃが、肉豆腐など、煮る、焼く、炒めるなんにでも使えます。

科学調味料も不使用のためお子様でも安心して食べていただけます。

ご注文はこちらから

 

ベースと辛さの2軸で選びましょう

焼肉のタレはご紹介したように「ベース」と「タレ」の2要素があります。

種類が多い焼肉のタレですがこれらで考えれば、選択するものを絞ることができます。

ぜひ活用して、ご自身で好きなタレを探してみてください。
 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。