【送料無料】焼肉の大同門特選!タレ焼肉セット【全6品・800g】

7,500円(税込)

定価 8,900円(税込)

購入数
「焼肉の美味しさはタレが決める」

韓国をルーツとした焼肉は、熟成や塊など今では様々な形で楽しまれています。塩焼きで肉そのものの「素材」を楽しむスタイルも多くなりましたが、実は焼肉の美味しさの秘密はその素材の美味しさをひきだすタレにあります。

焼肉一筋半世紀の大同門では、創業当時より肉に合わせたタレを開発してきました。タレには「もみダレ」と「つけダレ」の2種類があります。下味のついたお肉を熱々の網で焼き、香ばしく焼けた肉をつけダレにつけていただくことで、美味しさは倍増します。このつけダレの発想は韓国由来ではなく、弊社創業当時に創業者の妻が、お客様が網で焼いたお肉をすぐに口に運ばず、いったんお皿においているのをみて、それならば熱さを少し和らげさらにより美味しく食べていただこうと開発したのが、つけダレの始まりでした。

現在、大同門では、肉の部位にあわせて数種類のもみダレと2種類のつけダレを用意しています。

焼肉の美味しさを作るのは、タレの味はもちろんのこと、このタレをどうお肉に染み込ませるかという部分があります。お肉のうえにタレをかけるだけでは、お肉にタレの味はのりません。タレの味をしっかり肉につけるには、お肉をタレで「ムンチ」することが必要です。「ムンチ」とは韓国語から来た言葉で焼肉用語です。英語の「マリネ」と意味は似てますが、「マリネ」が「漬け込み」に近いとすると、「ムンチ」は「揉み込み」です。

熟練した職人がムンチすると、ボールにタレが残らないほど上手くお肉がタレを吸うといったほど、ムンチにも職人の技があるんです。

お肉の美味しさを引き出すようにして作られた大同門の通販用「タレ」は、もみダレにもつけダレにもお使いいただけるように開発された化学調味料不使用のタレです。

大同門のタレで、ぜひご家庭で美味しい焼肉を召し上がってください。



◆「ムンチ」の仕方

容器(ボール等)にお肉を入れ1割のタレを入れて揉むだけ‼
たったこれだけでお店の味にグーンと近づきます。
1.ボールに肉を入れる
2.肉に対して1割のタレを入れタレが全体にからむように手で揉みこむ
3.お皿に取り出して完成です
※ビニール袋に入れて揉みこんでも大丈夫です

肉にタレを揉み込むときの力加減が大事です。あまり弱すぎるとタレがもみこまれないし、強すぎると肉の繊維を壊してしまって美味しくなりません。片手で指をギュッギュッと握るような感じで揉み込んでみましょう。5回〜7回ぐらい揉みこむ感じで、コツを掴んでいきましょう。揉み込んだら15分ほどおいておいてから焼くとよりしっかりと味がしみこみます。1時間以上おいてしまうとお肉の色が変色しだすのと、味が濃くなりすぎるので気をつけましょう。


<セット内容詳細>
お肉の総量は全6品の800g!

阿波黒牛ロース(80g)
阿波黒牛カルビ(80g)
牛ハラミ(80g)
完熟タレ漬け薄切カルビ(300g)
ロース焼肉(80g)
和牛小腸(ホソ)(180g)
大同門 秘伝の焼肉のタレ(232g)が無料で付属!



※送料無料商品でも、お支払い画面にて、システムの都合上「あと○○円のお買い上げで配送料無料!」と表示される場合がございます。実際に送料はかかりませんので、ご安心ください。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。